作品詳細

日本文学史 古代・中世篇
日本文学史 古代・中世篇六
1257円
6巻まで配信中
室町から安土桃山時代。僧侶や武士の描いた日記や、五山文学とよばれた漢詩文をはじめ、能・狂言や御伽草子など、後世にまで伝わる豊饒な文学世界を描く。室町時代の日記とその他の散文/文学としての能・狂言/五山文学/室町時代のフィクション――御伽草子/十六世紀後半
日本文学史 古代・中世篇
1152円
「日本文学史」全体の序文を本巻に収録。人間的でなま…
日本文学史 古代・中世篇
1152円
『万葉集』から『古今集』へ。平安時代後期の文学は、…
日本文学史 古代・中世篇
1152円
王朝文学は『枕草子』や日本文学の最高傑作『源氏物語…
日本文学史 古代・中世篇
1152円
武士の時代が到来し、悲劇的素材を巧みに扱い日本の民…
日本文学史 古代・中世篇
1152円
鎌倉時代、世代を超えた名随筆『徒然草』の誕生。劇的…
日本文学史 古代・中世篇
1257円
室町から安土桃山時代。僧侶や武士の描いた日記や、五…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

中公文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン