作品詳細

日本文学史 近代・現代篇
日本文学史 近代・現代篇九
1152円
9巻まで配信中
河竹黙阿弥、岡本綺堂らの活躍で歌舞伎は伝統を保ちつつ新時代へ。新派、新劇、三島由紀夫の戯曲の数々。そして明治・大正・昭和の批評と小林秀雄を論考する。演劇――歌舞伎文学/新派と新劇批評――明治時代/大正時代/昭和時代
日本文学史 近代・現代篇
984円
坪内逍遥、二葉亭四迷、尾崎紅葉、幸田露伴、樋口一葉…
日本文学史 近代・現代篇
1047円
日露戦争の後におこった自然主義運動、そしていまなお…
日本文学史 近代・現代篇
984円
プロレタリア文学運動の行方。そして大正から昭和にか…
日本文学史 近代・現代篇
1047円
西洋文学の影響下、モダニズムが開花した。佐藤春夫、…
日本文学史 近代・現代篇
1047円
日本文学の一大特色、私小説と戦時下における戦争文学…
日本文学史 近代・現代篇
984円
終戦後開放的な気分が漂うなか、左翼文学が台頭し、岡…
日本文学史 近代・現代篇
1047円
正岡子規、与謝野晶子、北原白秋、石川啄木、斎藤茂吉…
日本文学史 近代・現代篇
1152円
明治・大正・昭和と、伝統的な詩型をあらため、海外の…
日本文学史 近代・現代篇
1152円
河竹黙阿弥、岡本綺堂らの活躍で歌舞伎は伝統を保ちつ…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

中公文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン