作品詳細

新宿・歌舞伎町 人はなぜ<夜の街>を求めるのか
898円
元カリスマホストの歌舞伎町・名物経営者が描き出す「人間をすべて飲み込む街」の知られざる姿挫折も、孤独も、欲望も、人間のすべてを飲み込む――。〇新型コロナ感染をめぐる新宿区長とホストクラブの連携〇渋谷で暴動が起きて、新宿では起きない理由〇歌舞伎町にはわかりすく、美味しいお店がなぜないのか〇出自を問わず、源氏名で生きるから、誰がどこの国の人間か気にしない〇歌舞伎町で長く働くと人に頼ることの大切さを覚える〇誰もがいつか歌舞伎町に救われるかもしれない戦後、新宿駅周辺の闇市からあぶれた人々を受け止めた歌舞伎町は、アジア最大の歓楽街へと発展した。黒服のホストやしつこい客引きが跋扈し、あやしい風俗店が並ぶ不夜城は、コロナ禍では感染の震源地として攻撃の対象となった。しかし、この街ほど、懐の深い場所はない。職業も年齢も国籍も問わず、お金がない人も、居場所がない人も、誰の、どんな過去もすべて受け入れるのだ。十九歳でホストとして飛び込んで以来、カリスマホスト、経営者として二十三年間歌舞伎町で生きる著者が<夜の街>の倫理と醍醐味を明かす。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン