作品詳細

カフェであった泣ける話
792円
あなたが最後に泣いたのは、いつだったか覚えていますか本書は日々の生活で疲れているあなたに、一粒の涙を届けるために作られました。収録されているのは、(悲しいのではなく)感動して泣ける短編が12編。そこには、あなたの好みのストーリーがきっと見つかります。本書では「カフェ」にまつわる、出会いや別れのエピソードを掲載しました。【掲載エピソードの一部】「二十三年分のエスプレッソ」郊外のベッドタウンにある小さな喫茶店。閉店直前に来店した客に見覚えが…。「ツケのきく店」喫茶店の昼食を楽しみにしている会社員。今日も常連の老人から話しかけられた。「たしかにあの窓辺が好きだった」臨時休業の張り紙を見て、がっかりする美沙。仕事帰りにここへ来るのが楽しみだったのに。「名前のない喫茶店」昔ながらの喫茶店に惚れ込み、「アルバイトは募集していませんか?」と聞いてしまった。「思い出のカヘバー」小学校時代、友人と通っていた雑貨屋の奥のスペース。僕たちが「カヘ」と呼んでいた場所。【執筆陣】二人の岐路/朝比奈歩名前のない喫茶店/浅海ユウたしかにあの窓辺が好きだった/石田空ツケのきく店/神野オキナ二十三年分のエスプレッソ/桔梗楓ひなたの傷/澤ノ倉クナリ思い出のカヘバー/霜月りつ待ち合わせの途中/那識あきら孫はアメリカにいる/鳴海澪偽物ビジュー/浜野稚子コーヒーの味/水城正太郎注文の少ないクソ客と注文の多い神客/南潔

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン