作品詳細

幻獣の話
880円
「むだで横道にそれた知識には一種のけだるい喜びがある」。ホルヘ・ルイス・ボルヘス(1899‐1986年)は、『幻獣辞典』の序でそう語る。マルコ・ポーロがスマトラで目にした一角獣、フランスの教会の壁面に刻まれた大耳人間、日光東照宮を彩る幾多の霊獣に、目まぐるしく姿を変える千変万化のバルトアンデルス.......。古今東西の書物に記された、不思議で興味深い生きものたちをめぐるエッセイは、まさにボルヘスが語る「喜び」に満ちている。龍のように、洋の東西を超えて同じような想像上の生きものが生み出されるのはなぜか。人間はなぜ、くり返し、異様なもの、奇妙なもの、ときにはグロテスクなものを生み出したがるのか――。軽妙洒脱な語り口で繰り広げられる世界に引き込まれていくにつれて、私たちの意識に、あるいは無意識のうちにこそひそむ「幻の獣」の姿が浮かび上がる。古代中国の『山海経』から、二十世紀にカレル・チャペックが生み出したロボットに至るまで、書物を広く深く愛した著者ならではの幻獣奇譚集。1 一角獣――マルコ・ポーロが見たもの2 アジアとヨーロッパ――幻獣という知の遺産3 不思議な生きもの、不思議な人――狂気と文学のあいだ4 幻獣紳士録15 幻獣紳士録26 百鬼の奇――日本の幻獣7 霊獣たちの饗宴――日光東照宮の場合8 中国の宝の書――『山海経』入門9 私という幻の獣――寺山修司の夢10 ゴーレムからロボットへ――二十世紀の幻獣

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン