作品詳細

自衛隊は中国人民解放軍に敗北する!?――専守防衛が日本を滅ぼす
1122円
海上自衛隊はすでに中国海軍に凌駕されている。日本に残された時間は短い。いますぐ日中の戦力ギャップを埋める行動を起こさなければ日本の未来はない。2020年5月、衝撃的な論文がワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター」から公表された。「中国海軍が日本の海上自衛隊に対して戦闘能力で大幅に優位に立ち、尖閣諸島領有や東シナ海の安定、さらに日米同盟に危機をもたらす」というのだ。しかも執筆者がトシ・ヨシハラという、米国の人民解放軍研究の泰斗だったため、その衝撃の度合いは強かった。兎角、「中国人民解放軍は『数』で自衛隊に勝るものの、練度や装備、性能では自衛隊のほうがずっと上。よって自衛隊が負けることはない」と言われるが、実際のところはどうなのか? 陸上自衛隊で陸将まで務め、退官後、富士通システム統合研究所安全保障研究所で人民解放軍の研究を積み重ね、世界屈指の識者となっている著者が、その情報のすべてを集積~分析! 現実はどうなのか? その全貌が浮き彫りになる。目次第一章 トシ・ヨシハラ論文の衝撃第二章 トシ・ヨシハラ論文に対する分析・評価第三章 中国の核戦力と核電磁波パルスの脅威第四章 航空戦力の比較第五章 宇宙戦戦力の比較第六章 サイバー戦能力の比較第七章 AIの軍事利用第八章 日中戦力比較の総括と日本の安全保障への提言

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン