作品詳細

化け者心中
1815円
江戸は文政年間。足を失い絶望の底にありながらも毒舌を吐く元役者と、彼の足がわりとなる心優しき鳥屋。この風変りなバディが、鬼の正体暴きに乗り出して――。「あたかも江戸時代をひらひらと自在に泳ぎまわりながら書いているような文章。こんなにぴちぴちした江戸時代、人生で初めて読んだのである。脱帽!!」(森見登美彦氏)「早くもシリーズ化希望!」(辻村深月氏)「作品の命というべきものが吹き込まれている」(冲方丁氏)と、選考委員全会一致の圧倒的評価。傾奇者たちが芸の道に身をやつし命を燃やし尽くす苛烈な生きざまを圧倒的筆致であぶりだした破格のデビュー作!!■「大傑作!! 江戸という時代と場所、芝居の世界のバーチャル体験として見事」(ライター 吉田大助)■「現代の戯作者としての力量を秘めている。とんでもない新人が登場したものだ。今年度ナンバーワンのベスト本である。」(評論家 菊池仁)■「江戸の景色が浮かんでくるような文章のセンスは驚異的である。」(ミステリ評論家 千街晶之)■「これで新人!? ぜひ豪華絢爛な舞台や映画で観たい!」(丸善本店・高頭佐和子)■「取り憑いたら離れない「鬼気迫る」以上の物語。すっかり呑み込まれ、抜け殻状態。。」(ブックジャーナリスト 内田剛)■「あまりに興奮して、体が乗っ取られたようになりました」(本の雑誌社・浜田公子)■「アウトローな存在であり、かつ男女の性別からも逸脱している役者の生理や道徳観念を浮き彫りにしていく展開がスリリング。肚の坐った書き手だ」(書評家 杉江松恋)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン