作品詳細

コンビニであった泣ける話
792円
本書は日々の生活で疲れているあなたに、一粒の涙を届けるために作られました。収録されているのは、(悲しいのではなく)感動して泣ける短編が12編。そこには、あなたの好みのストーリーがきっと見つかります。本書では「コンビニ」にまつわる、出会いや別れのエピソードを掲載しました。【掲載エピソードの一部】「ツバメのヒナが巣立つ頃」勤務先のコンビニで見つけたツバメの巣。ヒナを見ていたお客さんと話が弾み…。「夢の止まり木」シンガーソングライターを目指す圭吾から、コンビニで買い物を頼まれる明梨。「拝啓、海向こうのあなたへ」波止場のコンビニで働く麦。常連の月子から、海外で永住することを告げられて…。「明るい窓際」コンビニの雑誌コーナーによく来る少年。でも立ち読みするわけでもなく…。「こんにちはありがとうごめんなさい」友達ができない僕が応募した、コンビニのアルバイト。ここでも、僕は浮いていた。【執筆陣】微糖でも甘すぎる/朝来みゆかこんにちはありがとうごめんなさい/一色美雨季仮面屋留別録/小野崎まち宇宙人のパワーストーンを握りしめながら、 ボクはずっと、コンビニの駐車場でキミを待っているよ/貴船弘海明日をはじめるための夜/楠谷佑ひみつポスト/杉背よい一人でこっそり/天ヶ森雀拝啓、海向こうのあなたへ/遠原嘉乃夢の止まり木/ひらび久美灯りのともるあたたかなお店/猫屋ちゃき明るい窓際/溝口智子ツバメのヒナが巣立つ頃/矢凪

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン