作品詳細

認知バイアス 心に潜むふしぎな働き
990円
「なぜあの時あれを見逃してしまったのか」「なぜこんなものを買ってしまったのか」「どうしてあんな簡単な問題が解けなかったのか」‐‐‐誰しもが日常的に経験しているであろう、なぜか誤って認識したり、いつもならするはずのない判断や行動。それはなぜ起こるのか。このようなふつうの行動に現れる心の働きの偏り、歪みのようなものである「認知バイアス」について、わかりやすい事例を挙げて解説します。認知バイアスという言葉は、一般的にも時々使われるようになってきて、なんだかよくわからないけど間違ってしまった、おかしなことをしてしまった、というときに認知バイアスという言葉で片付けようとする安易な解決も見られがちですが、著者は、「知」を身体、社会、感情、環境なども取り込んでトータルな人間の理解を深めようとする認知科学に基づき、理論的に分析しています。また、なぜ誤るのか、そして誤ることには意義があるのか、それは何なのかを解き明かします。認知メカニズムは、ある状況では賢い判断をするように働き、ある状況では愚かな判断を生み出す。つまり人間は賢いようで愚かで、愚かなようで賢いものであるということがわかる1冊。第1章 注意と記憶のバイアス:チェンジ・ブラインドネスと虚偽の記憶第2章 リスク認知に潜むバイアス:利用可能性ヒューリスティック第3章 概念に潜むバイアス:代表性ヒューリスティック第4章 思考に潜むバイアス:確証バイアス第5章 自己決定というバイアス第6章 言語がもたらすバイアス第7章 創造(について)のバイアス第8章 共同についてのバイアス第9章「認知バイアス」というバイアス

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン