作品詳細

別冊文藝春秋 電子版34号 (2020年11月号)
799円
◆連載スタート◆・藤井太洋「オーグメンテッド・スカイ」2024年、鹿児島。寮で高校生活を送る僕たちは、インターネットの向こう側の世界に「ゲリラ戦」を挑むことにした。自由を獲得するために――。最旬青春小説、開幕!※新連載エッセイも収録・藤田祥平「すべてが繋がれた世界で/episode 1 その宛先には到達できません」人類が総オンライン化し、悲しみが充満した世界で起きた大災厄――22歳以上の大人が消えた世界で、少年達は何を拠り所に生きていくのか。未来に託す、希望の物語※新登場エッセイも収録◆対談◆・小川哲×松山大耕(僧侶)「別冊文藝春秋LIVE TALK vol.2」「精神世界のニューノーマル」◆短篇◆・寺地はるな「灯台」わたしの役回りはいつだって、みんなの引き立て役◆インタビュー◆作家の書き出し Vol.9 取材・構成 瀧井朝世・阿部智里「どこから読み始めても、楽しんでもらえる作品でありたい。人気シリーズゆえの試練と、新章に込めた覚悟とは」著者に訊く・五十嵐律人 『法廷遊戯』・蝉谷めぐ実 『化け者心中』◆連載小説◆・島本理生「星のように離れて雨のように散った」・長浦京「アキレウスの背中」・相場英雄「マンモスの抜け殻」・伊東潤「夜叉の都」・澤村伊智「邪教の子」・今村翔吾「海を破る者」・澤田瞳子 「星落ちて、なお」・夢枕獏「ダライ・ラマの密使」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン