作品詳細

免疫の守護者 制御性T細胞とはなにか
1210円
最新免疫学が教える「非自己」と「自己」とは私たちの免疫系は、なぜ自己の細胞や抗原に対して反応しないのか?免疫学の最大の謎ともいえる「免疫自己寛容」の解明に長年取り組んできた著者が、世界で初めて発見した「制御性T細胞」。免疫学にパラダイム・シフトをもたらし、」「がん」や「自己免疫疾患」の治療や「臓器移植」に革命をもたらすとされる研究の最前線に迫る。坂口志文(さかぐち・しもん)大阪大学免疫学フロンティア研究センター特任教授。1951年滋賀県生まれ。1976年京都大学医学部卒業。医学博士。1999年京都大学再生医科学研究所教授、同研究所長を経て、2011年大阪大学免疫学フロンティア研究センター教授。2016年から現職。過剰な免疫反応を抑える「制御性T細胞」を発見。2015年ガードナー国際賞、2019年文化勲章、2020年ロベルト・コッホ賞など、内外の受賞多数。第1章 ヒトはなぜ病気になるのか第2章 「胸腺」に潜む未知なるT細胞第3章 制御性T細胞の目印を追い求めて第4章 サプレッサーT細胞の呪縛第5章 Foxp3遺伝子の発見第6章 制御性T細胞でがんに挑む第7章 制御性T細胞が拓く新たな免疫医療第8章 制御性T細胞とは何者か

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン