作品詳細

野球盲導犬チビの告白
1100円
盲目の強打者登場に、球界は大パニック!?盲目の天才打者、横浜大洋ホエールズの田中一郎選手。盲導犬に先導され、“耳”で球種を捉える驚異の打法で、昭和54年度は本塁打56本、打率4割7分4厘を記録。とくに対巨人戦での活躍はめざましかった。壮大な「予告ホームラン」でも物議をかもす田中の謎につつまれた生い立ち、球界がうろたえるえる様を、一匹の“野球盲導犬”が語る、奇想に満ちた物語。解説/菊池雄星(シアトル・マリナーズ)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン