作品詳細

浅草料理捕物帖
天ぷら擬宝珠 浅草料理捕物帖四の巻
737円
4巻まで配信中
菊屋橋のたもとには屋台天ぷら屋『天海屋』がある。店主の弥吉は十四歳のとき、客の男にてんぷらを食べさせてもらい、母親の薬代金を恵んでもらった。弥吉は十年前の恩人を探すため、屋台を先代から引き継いだ。そして遂にその男が再び客として現れたが、喜久次と名乗った男は、欄干の柱頭で手についた油を拭き取った。下品な仕草に眉をしかめたところへ、文蔵の手下の孝助が、押し込みについて聞きにやってきた。弥吉は恩人へ疑惑をもちはじめ、それは孝助の実家だった名店『なみ川』の取り潰し事件の謎へも繋がってくるのだが――。読んで美味しくスリリングな江戸料理小説、いよいよ佳境へ。待望の第四弾の登場!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン