作品詳細

エクストリーム・エコノミー 大変革の時代に生きる経済、死ぬ経済
2310円
本書は世界9つの「極限の最前線」にスポットを当て、現地取材を敢行した著者が「生きる経済」「死ぬ経済」のリアルに迫り、IT化社会、超高齢化社会、超格差社会など、様変わりする世界経済の行方を占う。「再生」「失敗」「未来」の3部から成る本書は、先進国から発展途上国、そして人口過多の地域から人影まばらな地域まで、全く異なる条件・環境下の経済を取り上げている。「どこでも起こりうること」に「どう備えるか」、あるいは「破壊や危機から立ち直るにはどうすればいいか」を鋭い視点で道先案内したこれまでにない経済書として、世界が未曾有の体験をしている今だからこそ多くの方に手に取っていただきたい一冊。○インドネシア・アチェ(災害復興経済)○ザータリ難民キャンプ(急成長する非公式市場)○ルイジアナ州立刑務所(通貨なき地下経済)○中南米ダリエン地峡(無法地帯の経済)○コンゴ・キンシャサ(賄賂に支配された経済)○グラスゴー(産業なき経済)○秋田(超高齢社会)○エストニア・タリン(超IT化社会)○チリ・サンティアゴ(超格差社会)この本で取りあげる9つの地域では、再生・失敗・未来、3つの種類のエクストリーム(極限)のいずれかが人の暮らしに重大な影響を与えている。世界の人たちの大半はやがて、この3つが交じり合った場所に住むことになるだろう。経済の「先兵隊」的なこれらの地域が、私たちに起こりうる未来の窓となるのだ。 ――本文より抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン