作品詳細

明治維新から令和まで 歴代総理の「胆力」 決断の意外史
880円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。総理大臣になった人って何人いるか知ってますか?菅義偉総理大臣が第99代だから、80人ぐらい? いや、もっと多いのかな?答えの知りたい人は、検索する前に、「歴代総理の『胆力』」を紐解いてみませんか?著者は永田町取材歴50年を超える政治評論家・小林吉弥(こばやし・きちや)。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。抜群の確度を誇る政局分析・選挙分析には定評あるところで、本書はそれらを背景にした「日本の宰相総覧」です。初代伊藤博文から、明治・大正・昭和・平成・令和の各時代を導いた歴代総理大臣のエピソードに触れることで、歴史上の宰相たちが、より身近に感じられることでしょう。宰相の発言からの豊富な引用は、正しく「謦咳に接した」かのような、時空を超えた体験を味わわせてくれます。日々、時々刻々、決断を迫られた歴代総理たちの「胆力」を目の当たりにすることは、必ずや、自身の現在に照らして、多くの豊かなアドバイスとヒントを与えてくれるはずです。本書を「いまを生きる」「決断に迷う」全ての人にお薦めする所以です。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン