作品詳細

「民都」大阪対「帝都」東京 思想としての関西私鉄
1210円
阪急創業者・小林一三は、「政治中心」の東京に対して、大阪を「民衆の大都会」と呼んだ。ターミナル・デパート、高級住宅地……国鉄に対抗し「官」からの独立を志向する関西私鉄は、沿線に市民文化を花開かせ、「民衆の都」大阪は東京を凌駕する発展を見せた。だが、大正から昭和への転換、昭和天皇行幸を機に、街は次第に「帝都」へと変質してゆく―。権力の装置=「国鉄」と関西私鉄との葛藤を通し、「都市の自由」の可能性とその挫折を描く、原武史の代表作。第20回(1998年) サントリー学芸賞(社会・風俗部門)受賞。[解説(鹿島茂)より]「横軸としての鉄道に、縦軸としての天皇が交差することによって、思考の座標軸が形成され、二つのパラメーターが思考の軌跡をさまざまに描き出す」[本書の内容]はじめに―昭和大礼の光景第一章 私鉄という文化装置 「帝国」と「王国」 『細雪』から 関東私鉄と関西私鉄第二章 「私鉄王国」の黎明 第五回内国勧業博覧会 法の抜け穴 二つの風土第三章 「阪急文化圏」の成立 往来ふ汽車を下に見て―小林一三という人物 民衆の都 沿線文化の確立 反官思想の結実―阪急デパート第四章 昭和天皇の登場 「大大阪」の誕生 昭和大礼と都市空間の変容 官民協力奮励セヨ―一九二九年の行幸第五章 阪急クロス問題 「官」の巻き返し 逆風 小林一三、社長を辞任す第六章 「帝都」としての大阪 大阪市民たるもの 天皇のまなざし 一生一代の御奉公おわりに―「紀元二千六百年」の光景解説=鹿島茂※本書の原本は1998年に講談社選書メチエより刊行されました。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン