作品詳細

いい教師の条件
いい教師の条件いい先生、ダメな先生はここが違う
990円
「教師を支える会」を主宰する著者は、教師の大変さを痛感する一方で、「教師ほど魂を打ち込める感動的な仕事はない」と断言する。では、何が過酷で、何が感動的なのか? 教師が置かれているリアルな現実を説いていく。最終章では、今どういう力をもった教師が必要とされているのか? 「『できる教師』に本当に必要な6つの資質」を紹介。教育現場で働く人も、子どもを学校に通わせる保護者も必読の一冊。---------------著者は「教師を支える会」代表として、数千人の教師たちと接し、全国の学校の問題に切り込んでいった。2019年のOECD調査では、日本の教員の仕事時間は参加国中で最長(1週間で小学校54.4時間、中学校56時間)という結果が出ている。学校は「ブラック職場」というイメージが定着しているが、現場教師の“作戦参謀”である著者は、過重労働だけではない教師の大変さを指摘する。では、何が教師の負担に拍車をかけるのか?「教育は人なり」といわれるが、過酷な現場で、教師は何を目指していけばいいのか?これからのアフターコロナ時代に、求められる「教師の資質」とは?「子どもを教育していくパートナー」である保護者にとっても、興味深いトピックを提言する。現役の教師から、子どもを学校に通わせる保護者まで、教育現場に関係するすべての人に届けたい一冊。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン