作品詳細

迷宮の月
2090円
遣唐使の代表として波濤を越え運河を遡った真人。その眼に映る唐は、則天武后のもとで大きく様変りしていた。解決せずには帰国も覚束ない懸案があった。使節団にも漏らすことの出来ぬ秘密交渉の糸口はどこにあるのか。ゆくりなくも彼は、王宮の奥つ城で妖しくも美しい月を見た――。作家生活三十年の蓄積を傾けた歴史情報小説。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン