作品詳細

地方選 無風王国の「変人」を追う
1870円
『無敗の男』で政治家と永田町を描き尽くしたライターが全国7町村の首長選の現場、土地の風土、そこに映る「にんげん」の本質までを描き出す――マグロと原発の町、「飛び地」の村、60年も無投票が続く島……“選挙を旅する”異色ノンフィクション。コンビニ店員、国際派テレビマン、サーファー漁師、発明家は、【再選率84.2%】の壁になぜ挑んだのか?「改革幻想に囚われ、国政政党の合従連衡に明け暮れた平成政治とは異なる令和の政治がこれから始まるとするならば、その主人公は地べたの暮らしに疎くなった永田町の住民ではなく、土の香りがする地方の首長の中から生まれるであろう」(「プロローグ」より)愛なき“勝ち組の政治”を打ち破るのは、田舎の荒野でもがく「変わり者」だ!【目次】*小見出しは一部プロローグコロナ以後の「ニュースの主人公」2020年は地方政治再評価の出発点「安倍一強」が逆なでした地方のプライド第1章 えふりこぎ(青森県大間町長選)原発マネーが漁師町を変えた「選挙は親戚の数で決まる」第2章 コンビニ店員の逆襲(北海道中札内村長選)毎日の接客が選挙運動になった最後は鈴木宗男が持っていった第3章 風にとまどう神代の小島(大分県姫島村長選)竹下登が駆け寄ってくる61年ぶりの選挙は島を変えた第4章 ドンの5日間戦争(愛媛県松野町長選)「老人ホームに入れなくなるよ」第5章 国道ファースト主義(和歌山県北山村長選)村民の9割が二階俊博を支持第6章 仏頂面と波乗り男(北海道えりも町長選)「私が東京と話をつけようか」第7章 嘘つきと呼ばれて(佐賀県上峰町長選)「原口一博」という後ろ盾エピローグ英雄探しよりも「機能する変人」の発掘を

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン