作品詳細

ロシア革命史 社会思想史的研究
1100円
革命研究に衝撃を与えた、独裁研究の第一人者猪木正道のデビュー作、復刊!「一九四六年八月に、ほぼ三週間を費やして、私は本書を書き上げた。当初は食糧不足の時代で、私は成蹊学園の農場内に住居を与えられ、みずから陸稲やとうもろこしを作りながら、原稿を書いた」革命史を簡潔にたどりながらも、レーニン主義、ボリシェヴィキ政権など、革命過程を理論的に分析した。意外と類書がない切り口であり、後に、革命を破壊と創造の両過程に分類し、その二つの流れの総合として説明したことは、コロンブスの卵とされ、革命研究に衝撃を与えた。再評価の進むローザ・ルクセンブルクとレーニンを「西欧共産主義」vs「東欧共産主義」として対比させたり、「(ヒトラー)ファシズムは、世界革命の鬼子である」と喝破するなど、本書の普遍性はいまも失われていない。先般、逝去されたロシア研究の泰斗・木村汎氏は解説でこう激賞している。「総合的なアプローチ、卓抜のバランス感覚、思索の深さ、精密な分析、時として大胆な仮説――これらのコンビネーションをもって真正面から共産主義へ立ち向かった概説書として、本書の右に出るものはない。また今後、少なくとも邦語において出ることはないだろう」【目次】旧版はしがき はしがき 第一章 序 言 第二章 ロシアの後進性第三章 ボリシェヴィズム 第四章 ツァーリズムの苦悶 第五章 十月革命 第六章 世界革命 第七章 一国社会主義 第八章 結 言 注 解 説 木村 汎

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン