作品詳細

本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ
1430円
人気料理研究家・コウケンテツ初の書き下ろしエッセイ!おうちごはん作りに疲れてしまったすべての人へ寄り添う一冊。料理研究家だって、毎日のごはん作りはしんどいんです「僕にとって、そもそも料理をすることは「楽しみ」でした。日々のごはん作りはもちろん、料理研究家として仕事を始めてからは、いろいろなレシピを生み出すことにやりがいを感じていました。ただ、それは結婚して子どもが生まれる前の記憶。子どもが生まれると、なんだか料理作りがしんどい。考えるのが面倒だ。今日は作りたくない…… 。そんな日が増えていったのです」「毎日のごはんを作るのは終わりなき戦いのようなものです。作っても、作っても、作らないといけないんですから。 」「子どもの保育園の着替えを洗濯して、風呂掃除もしなければ。やらなければいけない仕事もまだ残っているのに…… 。今日は一汁一菜も無理な僕は、料理家以前に人間失格なのでは…… 」「スーパーで販売している焼き鳥やコロッケも朝ごはん代わりの菓子パンも僕にとってはいざというときに頼れる「駆け込み寺」的な存在」(以上、本書より)仕事として、家事として、趣味として、長きにわたって料理と向き合ってきたコウケンテツ氏が、毎日「おうちごはん」を作っている人の気持ちを少しでも軽くしたい、気持ちに寄り添いたい、作る人が元気になるような本を作りたい、という気持ちから生まれた本作。エッセイのほか、料理の「手間」を排除する実用レシピもたっぷり掲載。「おうちごはん」を作ることがしんどくなってしまったすべての人へ届きますように。( もくじ )はじめに 「手料理に追いつめられて」第1章: 「ねばならない」にさようなら第2章: 理想と現実の間を埋める方法第3章: 考えたくない日の「手間」を排除する料理が本当に楽になる実用レシピ( 掲載レシピ一部 )・ 鶏手羽としいたけのさっぱり煮・ ベーコンチーズかぼちゃサラダ・ レタスとハムのレンジ蒸し・ キムチときゅうりで即席オイキムチ・ 豚と野菜の蒸ししゃぶ・ 鮭の和風チーズホイル焼き・ 鶏の塩焼き・ 豚こまと春雨の中華炒め・ トマトときゅうりの中華サラダ・ し…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン