作品詳細

立場茶屋おりき
雪割草 立場茶屋おりき
733円
10巻まで配信中
どんなに冬が厳しくとも、必ずや、春はやって来る――品川門前町の堺屋が、菊水楼という妓楼に見世を出すという噂に、おりきたちは寄合を開いて善後策を話し合っていた。そんな折、今まで「おりき」に何かと嫌がらせをしてきた堺屋の主人が、脳卒中で倒れてしまった……(「石蕗の花」より)。他に「雪割草」「花冷え」「春告鳥」の全四篇を収録。大きな悲しみを乗り越え、仲間とともに、明日に向かって生きる。「立場茶屋おりき」シリーズ、待望の第十弾。
立場茶屋おりき
726円
品川宿門前町にある立場茶屋おりきは、庶民的な茶屋と…
立場茶屋おりき
704円
行合橋は男と女が出逢い、そして別れる場所――品川宿…
立場茶屋おりき
704円
陰間専門の子供屋から助け出された三吉は、双子の妹お…
立場茶屋おりき
712円
立場茶屋「おりき」の茶立女・おまきは、夜更けの堤防…
立場茶屋おりき
712円
「茶屋や旅籠の商いも至って順調です」――おりきは先…
立場茶屋おりき
712円
立場茶屋「おりき」で下足番の修行をしていた三吉の、…
立場茶屋おりき
733円
皆が支えあって行きていけることほど、幸せなことはあ…
立場茶屋おりき
733円
父親の時蔵に置き去りにされた芳樹が、「立場茶屋おり…
立場茶屋おりき
733円
七夕の笹竹に短冊を結びつけることを「願の糸」という…
立場茶屋おりき
733円
どんなに冬が厳しくとも、必ずや、春はやって来る――…

この作品を読んでいる人にオススメ

今井絵美子の他の作品

時代小説文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン