作品詳細

食はイスタンブルにあり 君府名物考
990円
かつて500年に亘り、栄華を極めたオスマン帝国。東洋と西洋、イスラムとキリスト教という文明と宗教の交差が生み出した大首都・イスタンブルで、当時、人々はなにを食べ、どんな暮らしをしていたのか?1500坪の台所で260余名のコックが、年に600万円予算で贅を尽くしたトプカプ宮殿の献立。食事が足りないと鍋を投げて暴動を起こした、屈強たるイエニチェリ軍団の食い意地。施しこそ敬虔な信仰の証、と貧者への給食すら豊かだったこの帝国を、当時の料理書や、市場で売られた食材物価表までたどって、細やかに検証。オスマン帝国の興亡を「食」で大胆に考察する。目次巻ノ一 古都は食をはぐくむ巻ノ二 遊牧の遺産巻ノ三 ケバブのみがトルコ料理にあらず巻ノ四 イスタンブルの市場めぐり巻ノ五 君府料理尽し巻ノ六 貧者の給食巻ノ七 トプカプ宮殿の台所巻ノ八 スルタンの食卓巻ノ九 祝祭の饗宴巻ノ十 「土」風から「洋」風へ学術文庫版あとがき 今でも、トルコ語で「大鍋を覆す」といえば反乱を起こすことを指すが、事態がそこまでいかなくとも、俸給支払いの日のスープをイェニチェリたちが飲むのを拒むとなれば、帝都の騒擾につながりかねず、下手をすれば当面の政権の担当者たる大宰相の首が文字通り飛んでしまう。トプカプ宮殿の中庭でのイェニチェリへのスープの振舞いは、(略)、一大国事でもあった――― 巻ノ八 スルタンの食卓より本書の原本は、1995年、NTT出版より刊行されました。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン