作品詳細

樽とタタン(新潮文庫)
605円
今から三十年以上前、小学校帰りに通った喫茶店。店の隅にはコーヒー豆の大樽があり、そこがわたしの特等席だった。常連客は、樽に座るわたしに「タタン」とあだ名を付けた老小説家、歌舞伎役者の卵、謎の生物学者に無口な学生とクセ者揃い。学校が苦手で友達もいなかった少女時代、大人に混ざって聞いた話には沢山の“本当”と“嘘”があって……懐かしさと温かな驚きに包まれる喫茶店物語。(解説・平松洋子)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン