作品詳細

光あれ
719円
原発、シャッター通り、描けない未来……この町で男は生きつづける。3・11のはるか前に描かれたもう一つの“現実”。相原徹は、生まれ故郷の敦賀――原発に税収と雇用を頼る街から出ることなく子供時代を過ごし、仕事を得、家庭を持った。未来を描けないこの街での窒息しそうな日々を、水商売の女や妻子の間で揺れ惑いながら生きる徹が、最後に見極めた人生とは。地方都市で生きることの現実をあぶりだす、著者の新境地。解説・東えりか※この電子書籍は2011年8月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン