作品詳細

コロナ、戦争、危機管理 指導者たちの「失敗の本質」
330円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。戦後75年、日米安保改定60年に当たる2020年は新型コロナウイルスの感染拡大に始まり、アメリカ大統領選挙に向けて激動を続けている。この特集では、ロングセラー『失敗の本質――日本軍の組織論的研究』にならい、歴史と現代を往還しながらコロナ第1波などから教訓を導き出し、新しい時代のリーダー像を探る。※『中央公論』2020年9月号特集の電子化です。※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがございます。(電子版通巻103号)【目次】⚫内向きの対立を超えて地方のトップに委ねるべき小池百合子⚫国民を巻き込めなかった憲法論議九条改正は急ぐ必要はない石破茂⚫合流への挑戦に後悔はなしそして臨む野党再編前原誠司×〔聞き手〕井手英策⚫なぜ安倍政権は支持率が低下したのかデータから分析するコロナ禍の各国首脳支持加藤創太⚫【対談】米国は? 日本は? コロナで見えた新たなリーダー像世界を席巻 リバタリアン的若者と指導者はどう向き合うか宇野重規×渡辺靖⚫《隣国リーダー解剖学》①習近平 土着共産主義者の皇帝化益尾知佐子②文在寅 フォロワーの支持は続くか浅羽祐樹⚫【対談】『沖縄決戦』八原博通と瀬島龍三の発掘資料から読み解く誰も責任をとらない日本軍 組織の病戸部良一×武田知己⚫「昭和史の天皇」を次世代に引き継げ伊藤隆⚫「昭和の戦争・軍事史」必読10冊筒井清忠

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン