作品詳細

まんぷく旅籠 朝日屋 ぱりとろ秋の包み揚げ
770円
お江戸日本橋に、ちょっとワケありな旅籠が誕生!?料理屋「夕凪亭」の娘ちはるは、雇われ人の裏切りで両親と店を失い、長屋でひとり借金苦に喘いでいた。そこに元火付盗賊改の工藤怜治が現れ、借金を清算してしまうと、日本橋室町に新しくできた旅籠「朝日屋」を手伝うようちはるに迫るが、ちはるには素直に頷けない事情があり……。お腹も心も満たされる「朝日屋」の物語、ここに開店!●主要登場人物●ちはる――17歳。いまはなき料理屋「夕凪亭」の一人娘工藤怜治――28歳。朝日屋の主。元は腕利きの火付盗賊改で熱血漢慎介――54歳。朝日屋の料理人頭。朝日屋の前身である料理屋「福籠屋」の主で、料理の腕前はピカイチだったが……たまお――31歳。水茶屋の茶汲み女。外見はおっとりしているが、客あしらいがうまい。過去に悲惨な事件を経験している綾人――16歳。乙姫一座の女形。かつての奉公先で事件に遭い、怜治に救われた過去を持つ慈照――27歳。眉目秀麗な「天龍寺」の住職。幼い頃からちはるに目をかけている。甘党柿崎詩門――24歳。火付盗賊改で、怜治の元同僚。怜治と違い、品のいい優男だが有能

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン