作品詳細

伊藤博文を暗殺したのは誰なのか 安重根と闇に隠された真犯人
990円
なぜ真犯人は歴史から黙殺されたのか!?ヒットマンにされた義士・安重根と歴史から抹殺された楊成春とはいったい何者なのか?外交資料から浮かび上がってくる秘匿された情報とは? 当時の極東情勢、韓国併合に潜む外交史の闇を暴く衝撃のノンフィクション!□ 日本を近代化にみちびいた幕末の英傑は  なぜ暗殺されたのか。□ 安重根が背負っていたものとは何だったのか。□ その影に見え隠れする歴史に黙殺された人物とははたして――~日清韓露の複雑な関係が交錯する! 日韓外交史の闇に震撼する歴史ノンフィクション~明治四十二年十月、枢密院議長・伊藤博文がハルビンで暗殺された。狙撃犯は安重根、今でも韓国で英雄とされる人物である。しかし、可能なかぎりの当時の外交機密文書を丹念に読み込むと――そこに浮かび上がってきた人物とは、はたして何者だったのか。日本を近代化にみちびいた幕末の英傑・伊藤博文が目指していた韓国併合とは? 日本政府の思惑とは?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン