作品詳細

プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
2640円
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ!「まず、手を動かす」が時代を制した。産業の中心は「非連続的価値創造」にシフトした――。現代は「プロトタイプ」、頭でっかちに計画を立てるよりも、手を動かして試作品を作る。まずは手を動かす人や企業が勝利する時代となった。そして、先進国か新興国かを問わず、プロトタイプ駆動によるイノベーションを次々と生み出す場、「プロトタイプ・シティ」が誕生し、力を持つことになった。その代表例が、近年、急速に一般からも注目を集めた中国の都市・深センである。テンセントが「未来都市」を建設する計画を明らかにしたが、その場こそ、深センだ。ではなぜ、深センは世界の耳目を集め続けるプロトタイプシティに変われたのか?また、コロナを経て、シリコンバレー、深センの次にくるメガシティ、準メガシティは一体どこか? その条件は?そして、日本からプロトタイプシティは生まれるのか?我々一人ひとりは、プロトタイプシティ時代にどう対応すればいいのか?深センイノベーションを知り尽くした識者・経営者が集結し、徹底開示する!【目次】まえがき (高須正和・高口康太)第一章 プロトタイプシティの時代 (高須正和)第二章 中国イノベーションと「安全な公園」 (澤田翔)第三章 「ハードウェアの聖地」深センの秘密 (藤岡淳・高口康太)第四章 次のプロトタイプシティ (伊藤亜聖・山形浩生・高口康太)第五章 プロトタイプシティ時代の戦い方 (ナオミ・ウー・Goroman・高口康太)あとがき (高須正和・高口康太)主要参考文献一覧

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン