作品詳細

年月のあしおと
続 年月のあしおと(下)
1155円
4巻まで配信中
本郷菊富士ホテルの出逢いで始まったX子との関係は、泥沼のような生活を強いた。真杉静枝の誘いで出かけた、脱出にも似た台湾旅行から起こす下巻は、敗戦の日、8月15日の感情で終る。戦時下の暗鬱と苦悩のなか、志賀直哉、青野季吉、中野重治らとの交流を通じ、みずからの辛い日常、作家たちの風貌を鮮明に描く、自伝的文壇回想記。野間文芸賞受賞『年月のあしおと』の続篇。上下2巻完結。
年月のあしおと
880円
明治・大正・昭和の文学的追想。ことに大正から昭和の…
年月のあしおと
880円
文芸評論家となる切っかけとなった「洪水以後」入社前…
年月のあしおと
1155円
野間文芸賞受賞作『年月のあしおと』の続篇。父・柳浪…
年月のあしおと
1155円
本郷菊富士ホテルの出逢いで始まったX子との関係は、…

この作品を読んでいる人にオススメ

講談社文芸文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン