作品詳細

知事の虚と実
550円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。新型コロナウイルス感染症の拡大で、都道府県知事の存在がクローズアップされている。緊急事態宣言下では休業要請などをめぐり国と地方の役割分担の曖昧さが露呈し、さまざまな論議を呼んだ。“自治体格差”を生んだ、独自の緊急事態宣言、PCR検査、警報基準設定などの施策は知事のパフォーマンスなのか、それとも地方自治の原点回帰なのか……。※『中央公論』2020年8月号特集の電子化です。※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがございます。(電子版通巻102号)【目次】《「首長格差」に迫る》①神奈川県 国、県、市町村の曖昧な関係を正せ小池・吉村両知事のように国を批判すれば済むのか黒岩祐治②鳥取県 目立たず、地味に一歩一歩感染症対策にパフォーマンスはいらない平井伸治○取材を終えて国の「政治主導」、地方の「政治主導」砂原庸介●地方分権改革に逆行する首長のコロナ対応「社長」が自らを「中間管理職」に貶めるな片山善博●データで読み解く感染症対策保健・医療体制、コロナ対応の47都道府県格差曽我謙悟●吉村大阪府知事の高評価は維新支持を牽引するか善教将大●経済再生大臣に迫る 国と自治体の役割の違いとは?コロナ第一波の総点検 総力あげて第二波に備えよ西村康稔×〔聞き手〕田原総一朗●出でよ「乱暴」なリスクテイカー冨山和彦

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン