作品詳細

人が集まる街、逃げる街
990円
郊外>都心 逆転の鍵は防災&防疫にあり!!●タワマンは現代版ニュータウン ――30年後を想像できるか?●「分譲逃げ切り」型ビジネスの崩壊●「脱通勤」で重視される昼間の住環境《不動産分析の第一人者が徹底解明》あなたが知っている人気の街の「常識」はもう古い!●昼間人口が夜間人口を上回る! なぜ、多摩ニュータウンは生まれ変わりつつあるのか?●水害に弱い武蔵小杉よりも、災害に強い台地をウリに、「職住近接」の住環境で印西が人気になる!?●「それ、どこ?」の野々市(石川県)が、自力で人口5万人を達成し、市に「昇格」したワケ●医療介護サービスの充実化で、「住」を求めるお年寄りと、「職」を求める若者を呼ぶ、超高齢化を逆手にとった周防大島のチャレンジ 他【本書の内容】都心から郊外へ人気は回帰した。近年の災害で脆弱性を露呈したタワーマンション群に、新型コロナ禍で「通勤」の概念が崩れ、価値が低下した「都心」。その一方、郊外が好調だ。未来の「郊外タウン」立川に、「成長管理」型の開発が行われるユーカリが丘、「新しい下町」像の清澄白河など、新しい試みが生まれている。不動産開発の専門家が人々を惹きつける街の魅力、その要因を解き明かす!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン