作品詳細

暮らしを手づくりする 鳥取・岩井窯のうつわと日々
1980円
山本教行さんはその人生をもって「民藝」の道のりを生きてきた最後のひとです。――平松洋子鳥取の山あいに、全国の器好きが通う窯元がある。年間一万人が足を運ぶ、岩井窯・山本 教行が積み重ねてきた美しい暮らしのつくり方。岩井窯 レシピ付/喫茶の土鍋メニュー・おうちの定番ごはんI .暮らしを見つめるII .自分でつくる  岩井窯の土鍋レシピIII .ものと付き合うIV .見る目を養う 岩井窯のおうちごはんV .人とつながる【著者プロフィール】1948年鳥取県生まれ。16歳で吉田璋也に出会い、民藝の思想に感銘を受ける。18歳でバーナード・リーチに会い、陶芸家を志す。67年より島根県の出西窯で修業、71年に鳥取県岩美郡岩美町で岩井窯を開く。98年、窯と工房、作品展示館、参考館、喫茶と食事処からなる「クラフト館 岩井窯」を設立。 全国各地で個展を開き、多くのうつわ好きを魅了する作品をつくり続けている。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン