作品詳細

コロナ・文明・日本
550円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※『中央公論』2020年7月号特集の電子化です。※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページが含まれない場合がございます。新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が解除された。経済活動の緩やかな再開に安堵しつつも、第二波の発生に警戒が必要となる。人類の歴史は、感染症との闘いの歴史だった。21世紀に襲来したこの新型コロナは、世界の文明を、そして日本をどう変えるのか?(電子版通巻101号)(目次より)●21世紀の感染症と文明近代を襲う見えない災禍と、日本人が養ってきた公徳心山崎正和●近代科学と日本の課題コロナ後をどう見通し、つけをどう払うか村上陽一郎●「やった感」はもういらない!ICT、9月入学……教育格差を是正するには?松岡亮二●台湾の国際政治学者に訊くポストコロナ 米中台トライアングルのゆくえ何思慎×〔聞き手〕本田善彦《コロナに想う》●不安への答え多和田葉子●聖火引継式とギリシャ難民キャンプの間で井本直歩子●不安あふれる世界にクラシック音楽がもたらすものパーヴォ・ヤルヴィ●介護崩壊を防ぐために鎌田 實●医療体制を整備し、COVID-19を克服せよ集団免疫とワクチン・治療薬の最前線平野俊夫《第一波の教訓》……聞き手:川端裕人●〔1〕韓国、台湾から周回遅れのFAX行政医師の心を折る〝診療以前〞の問題群堀 成美●〔2〕「8割おじさん」のクラスター対策班戦記次の大規模流行に備え、どうしても伝えたいこと西浦 博●LINE調査、オンライン診療で見えてきたビッグデータが拓く未来の医療宮田裕章

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン