作品詳細

病牀六尺
594円
『墨汁一滴』に続き、新聞『日本』に連載(明三五・五・五―九・一七)し、死の二日前まで書き続けた随筆集。不治の病についた「病牀六尺」の世界で、果物や草花の写生を楽しむ一方、シッポク談義、子供の教育論と話題は多岐にわたるが、旺盛な好奇心が尽きることのない子規の姿には全く目をみはらされる。 (解説 上田三四二)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン