作品詳細

志賀直哉私論
  • 【期間限定】第1巻が 660円⇒330円!2月4日まで
  • ※割引となる作品は割引後の金額が表示されていますので、ご確認の上でご購入ください。
330円
近代の日本文学史にそびえ立つ《小説の神様》志賀直哉。その知友、父母、祖父ら一族の人びとの過去へ遡りつつ、直哉との関わりのひとつひとつの襞を解きほぐして、作品の核心に迫る。のちには自分自身の一族をあつかった名作『流離譚』を発表するにいたるまでの著者独自の方法意識が書かせた、作家・作品論の白眉。作家が鋭い感性で作家を論究する、小説的評論=長編エッセイの魅力。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン