作品詳細

怨毒草紙 よろず建物因縁帳
759円
――首を切られた女が、私を地獄に誘っている――シリーズ10万部突破!「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」の著者による、恋と怪奇の新境地!☆☆☆死際の翁は生首の絵を描いていたそうだ。持仏堂を曳いた後、怪異が起こるようになった東按寺。調査に出た春菜は、無残な死に様の死体が転がる地獄を幻視する。なぜ怪異は起きたのか。死期の迫る曳き屋・仙龍は、春菜が幻覚を視ている間、地獄を描きたい欲求に囚われたことに注目する――。歪んだ情念を生き血で描いた怨毒草紙、その奥に潜む冥き陰謀とは。因縁帳、転ず。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン