作品詳細

ヤマケイ新書 萩原編集長 危機一髪! 今だから話せる遭難未遂と教訓
1100円
どんなベテランであっても、どんなに慎重な計画を立てたとしても、山の遭難をゼロにすることはできない。自然の中に潜む危険は、ときに人間の想像をはるかに越えることがあるからだ。山岳雑誌『山と溪谷』やクライミング専門誌『ROCK&SNOW』の編集長をつとめ、NHKの登山番組「実践! にっぽん百名山」で「萩原編集長」の愛称でレギュラー解説者をつとめた筆者が、50年の登山歴のなかから「あれは本当にヤバかった」という経験をピックアップ。「命を落としかけたシリアスな体験」から「笑い話で済んだささやかな失敗談」まで、18の危機体験談を教訓ともに紹介する。(内容)第1章 落石1、北岳バットレスの岩雪崩(北岳) / 2、見えない凶器(笠ヶ岳穴毛谷) / 3、雨の日の側撃弾(水俣川) / 4、カモシカの殺意(鷲羽岳ワリモ沢)第2章 雪崩5、豪雪のクリスマスプレゼント(笠ヶ岳) / 6、生死を分けた1メートル(NZサザンアルプス)第3章 落雷7、雷雲は冷気とともに(東沢乗越) / 8、雷接近。花より命(前穂吊尾根)第4章 滑落9、ジャンダルムの脆い盾(ジャンダルム) / 10、転落は忘れたころにやってくる(谷川岳)第5章 道迷い11、白い迷路(栂海新道) / 12、残雪に消えた道(高原山)第6章 強風13、独立峰の魔の風(羊蹄山) / 14、風が奪ってゆくもの(富士山)第7章 危険動物15、振り向けばそこに熊(平標山・小岳・高桧山)第8章 高山病16、人生最大の頭痛(エベレスト街道)…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン