作品詳細

聖夜
550円
この心の震えは、祈りに似ている──眩しい少年期の終わりを描いた感動作。学校と音楽をモチーフに少年少女の揺れ動く心を瑞々しく描いたSchool and Musicシリーズ第一段。物心つく前から教会のオルガンに触れていた18歳の一哉は、幼い自分を捨てた母への思いと父への反発から、屈折した日々を送っていた。難解なメシアンのオルガン曲と格闘しながら夏が過ぎ、そして聖夜──。小学館児童出版文化賞受賞作。解説・上橋菜穂子

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン