作品詳細

文庫版 厭な小説
880円
厭なのに、ページを捲らずにはいられない――「厭で厭で厭で堪らなくって、それでみんな逃げ出したんだ。会社から、人生から、日常から、人間から――」職場と家庭の人間関係に苦悩する私の家に現れた、巨大な顔に山羊のような瞳を持つ子供らしきもの。永遠の幸福をくれるというホテルで、安全な殺人を行うこととなったホームレスの男。何故か僕が厭だと思うことだけを繰り返す、異常な彼女――。あなたに擦り寄る戦慄と驚愕。世にも奇怪な、7つの物語。解説・平山夢明 「京極夏彦が都会と現代を部品にして組み立てた妖怪譚なのではないか」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン