作品詳細

警視庁追跡捜査係
暗い穴 警視庁追跡捜査係
803円
6巻まで配信中
猛暑の八月、東京で謎の死体遺棄事件が露見した。連続強盗事件で逮捕された相澤直樹が、「檜原村に死体を埋めた」と突然告白。供述通り遺体は発見されたが、近傍から死亡時期の異なるもう一つの遺体が見つかったのだ。強盗事件の捜査を手伝った縁で現場に駆り出された追跡捜査係の西川は、取り調べを任される。だが、最初の自白以降、相澤は頑なに口を閉ざしてしまう。同係の沖田も旅先から急遽呼び戻されて捜査に加わるが……。村の奥底に埋もれかけた謎の真相を、彼らは掴むことができるのか。書き下ろし警察小説
警視庁追跡捜査係
754円
白昼の新宿で起きた連続殺傷事件――無差別に通行人を…
警視庁追跡捜査係
775円
五年前、渋谷で殺人を犯し、国際手配されていた船田透…
警視庁追跡捜査係
775円
都内の運河沿いで、帰宅途中のOLが強盗に襲われ、殺…
警視庁追跡捜査係
796円
服役中の男の告白――墨田区の不動産業者の強盗殺人事…
警視庁追跡捜査係
803円
捜査一課・追跡捜査係の沖田大輝とかつて強行犯係で同…
警視庁追跡捜査係
803円
猛暑の八月、東京で謎の死体遺棄事件が露見した。連続…

この作品を読んでいる人にオススメ

堂場瞬一の他の作品

ハルキ文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン