作品詳細

くらまし屋稼業
花歌の頃へ くらまし屋稼業
726円
6巻まで配信中
三郎太、蘭次郎、幸四郎、林右衛門の四人は大旗本の次男、いわゆる部屋住みの身分で、半分無頼の悪仲間であった。ある晩、酒場で盛り上がった帰り道、三郎太が何者かに腹部を深々と刺され、首を掻き切られて殺された。彼は、一刀流の皆伝で剣の達人。いったい誰が、何の目的で!? 自らも狙われるかもしれないと怯えた蘭次郎たちは、各々身を守るために、裏の道を頼るが……。裏稼業の必殺仕事人たちが、己の掟に従い、命を賭けて戦う。続々重版の大人気シリーズ、熱望の第六弾。
くらまし屋稼業
704円
万次と喜八は、浅草界隈を牛耳っている香具師・丑蔵の…
くらまし屋稼業
704円
日本橋「菖蒲屋」に奉公しているお春は、お店の土蔵に…
くらまし屋稼業
704円
「皐月十五日に、船で陸奥に晦ましていただきたい」─…
くらまし屋稼業
704円
八朔の日、亥の刻。芝湊町の土蔵に、見知らぬ者の文で…
くらまし屋稼業
726円
「一日だけ、儂を晦まして欲しい」――飴売りの仕事を…
くらまし屋稼業
726円
三郎太、蘭次郎、幸四郎、林右衛門の四人は大旗本の次…

この作品を読んでいる人にオススメ

今村翔吾の他の作品

時代小説文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン