作品詳細

日雇い浪人生活録
日雇い浪人生活録 八 金の悪夢
704円
8巻まで配信中
広く金の価値を知らしめるべく、あえて賄賂を推奨する田沼意次。目通りを願う列は、日に日に延びていく。そんななか、両替商分銅屋の用心棒・諫山左馬介は、煩悶していた。一度はもみ消したはずの御家人殺しを執拗に嗅ぎまわる元南町奉行所同心・佐藤猪之助に業を煮やし、自らの所業と認めてしまったことへの自責である。明らかに意次の改革の障りとなる行為に、雇い主の分銅屋仁左衛門は、左馬介を咎めながらも隠蔽に努める。一方、左馬介の鉄扇術からその出自を疑った武士は、財政の逼迫する会津松平家の重臣で――物語が大きく動き出す、大人気シリーズ第八作。
日雇い浪人生活録
704円
九代将軍家重の治世。親の代からの浪人・諫山左馬介は…
日雇い浪人生活録
704円
「幕政のすべてを米から金へ」変える大改革に挑むお側…
日雇い浪人生活録
704円
浅草門前町の両替商・分銅屋仁左衛門に用心棒として雇…
日雇い浪人生活録
704円
江戸屈指の両替商分銅屋に、仕事への誠実さを買われ、…
日雇い浪人生活録
704円
雇い主・両替商分銅屋の持ち長屋に住まう用心棒・諫山…
日雇い浪人生活録
704円
両替商・分銅屋仁左衛門の命を守り、右胸を負傷した用…
日雇い浪人生活録
704円
亡き八代将軍吉宗より田沼意次の行う幕府の財政改革を…
日雇い浪人生活録
704円
広く金の価値を知らしめるべく、あえて賄賂を推奨する…

この作品を読んでいる人にオススメ

上田秀人の他の作品

時代小説文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン