作品詳細

死者との対話
1699円
石原慎太郎、最新短編集。自らの老いと死を直視する作家の透徹した眼――。作家として、政治家として活躍してきた著者も齢87を迎えた。忍び寄る死の影をも直視しつつ綴った珠玉の七編を収録。「それで一番何に痺れて興味があるのかね」「それは端的に俺が死ぬことだろうな」(本書収録『――ある奇妙な小説――老惨』より)インパール作戦で多数の戦友を失った男が戦後にとった行動とは?(『暴力計画』)死に直面する作家が自在なリズムで自己と対話する(『――ある奇妙な小説――老惨』)末期患者と看護人の間に芽生えた奇妙な友情(『死者との対話』)ある少女を襲った残酷な運命(『いつ死なせますか』)切れ味の鋭い掌編の連打(『噂の八話』)「これは私の一生を通じて唯一の私小説だ」(『死線を超えて』)ヨットレースを引退した男の胸に去来するものは(『ハーバー桟橋での会話』)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン