作品詳細

コロナ直撃 世界激変
550円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。中国から欧米へ、感染拡大を続ける新型コロナウイルス。トップダウンで対応した中国を評価する向きがある一方、西側諸国も私権制限を辞さず、非常時・緊急事態の政治が続く。リーマンショックを超える世界不況の予測がなされ、世界中で既存の価値観と経済が揺さぶられている今、日本の政治・外交は何をどのようにすべきなのか?(『中央公論』2020年5月号特集の電子化)(目次より)《感染症と闘う》●コロナ対策の核心 〔聞き手:武田 徹〕①専門家会議メンバーが緊急提言ゼロリスクの感染症対策はありえない岡部信彦②緊急事態の政治学公衆衛生と医療データの後れが命取りに森田 朗●「コロナ恐慌」を回避せよ日本経済の救命提言小林慶一郎●新型肺炎とともに広まったうわさ、買いだめ騒動「インフォデミック」と対峙する松田美佐●パンデミックの背景にある根本的問題人獣共通感染症との闘いに終わりはない五箇公一×聞き手:河野博子《中国の命運》●「中国夢」と「太平洋同盟」の狭間で米中対立時代、日本の生存戦略白石 隆●【鼎談】中国モデルが世界を席巻?どうなる? コロナ後の習近平体制宮本雄二×川島 真×阿古智子●【対談】アメリカ軍vs.人民解放軍米中安保最前線日本に求められる外交とは阿南友亮×森 聡 ●武漢発のグローバル危機新型肺炎がも…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン