作品詳細

レシピのない店のレシピ 「ほねラボラトリー」の料理とワイン
1870円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。東京・恵比寿。裏通りの目立たない扉を開けて、急な階段を上がる。と、そこには、外からではまったくわからない空間が広がっている。「ほねラボラトリー」という不思議な名前のこの店には、夜な夜なワインと、季節の味を求めて、愛好家たちが足を運ぶ。店主の櫻庭基成郎は、一切の料理修業をしたことのない、異色の料理人。フランス料理店のフロアからこの世界に入り、さまざまな店を渡り歩き、独学で料理とワインのことを学び、店を開いた。数多の著名人も愛するこの店には、お決まりのレシピがない。櫻庭が一人で切り盛りし、四季はもちろんのこと、日ごとに変わる食材の状態によって調理の仕方を変えてきたため、いつからか、レシピを残すのをやめていた。料理とともに提供するワインも、日ごとに異なる。「このワインを飲んでもらいたい」からレシピが始まることもあれば、「この食材をいちばん美味しく食べてもらいたい」から始まることもある。本書では、そんな櫻庭の展開する独自の料理とワインのマッチングを家庭でも応用しやすいレシピとともにじっくりと紹介。その世界観の、ほんの一端ではあるが、「こんな組み合わせがあった!」という驚きとともに味わってほしい。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン