作品詳細

法の雨
1584円
無罪乱発“法”は救いか縛りか。判事が下した判決が、裁判官、検察官、弁護士、被害者、加害者それぞれの正義を狂わせていく…。厳格な法の運用ゆえに「無罪病判事」と呼ばれた嘉瀬清一は、結審直後に法廷で倒れてしまう。宣告されていたために有効とされた判決は、逆転無罪。無罪判決は死も同然である検察界。担当検事の大神護は打ちひしがれる。有罪率99.7%の日本でなぜ今!その後、この事件で無罪放免となった看護師が殺されたと知り、大神は嘉瀬のもとを訪れるが、嘉瀬は老人ホームにおり、会話もままならない状態となっていて……。あの判決に何があったのか。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン