作品詳細

『広辞苑』をよむ
902円
辞書を引きながら必要以上にいろいろなことを考える。しょっちゅう脱線。それが「よむ」ということだ。辞書を愛してやまない日本語学者が、真剣に、マニアックに、ときに遊び心たっぷりに、『広辞苑』をすみずみまでよむ! こんな辞書だったのか。こんな使い方があったのか。え、辞書で遊ぶ? ようこそ、ことばの小宇宙へ。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン