作品詳細

猫を棄てる 父親について語るとき
1200円
時が忘れさせるものがあり、そして時が呼び起こすものがあるある夏の日、僕は父親と一緒に猫を海岸に棄てに行った。歴史は過去のものではない。このことはいつか書かなくてはと、長いあいだ思っていた―――村上文学のあるルーツ

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン