作品詳細

空の声
1699円
1952年ヘルシンキ・オリンピックに命がけで乗り込んだ一人のアナウンサーがいた。玉音放送も担当した名アナウンサー・和田信賢最後の大仕事。まだテレビ中継がなかった時代――。戦後初めて日本が参加する夏季オリンピックに派遣された人気アナウンサー和田信賢。無頼な生き方を貫いた男は、長年の無理がたたって体調を崩していた。「どうしても、オリンピックを中継したい」その一心で、男は、大会の舞台ヘルシンキへと向かう。現地から「日本を鼓舞する」中継を続けるも、次第に目も見えなくなり……。著者がオリンピックに関連のスポーツ小説4社から連続刊行する「堂場2020プロジェクト」第二弾。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン